子供のわきが 親としてできること

においというのは子供自身なかなか気づくことができず、小さいうちには周りにも気にならないし、周りもにおいで相手にいうことはない。小学校高学年くらいになると異性に対しても同性にもいろいろな関心を持ち始める。子供たちはにおいの一つでもいじめにつながる。陰で言いはじめたり、さけたり最初は何人かが気づいていたことも、気づけばクラス全体に知られさけられてしまうこともある。本人も気づくことがなかなかできないので親は言いにくいかもしれないが本人に告げることも大切に思う。親も思春期の年齢の子供に告げるのはとても嫌なことであるが、子供がこれから大半過ごす学校生活をよりよくするためには仕方がないことである。こまめに体をふいたり、デオドラントをつけるなどの工夫が必要だと思う。まずは本人がどれくらいの意識をもち対処できるのかが問題なのではないだろうか。そして傷つくこともある子供にどう親がフォローしていけるのかも大切なことである。お世話になってるサイト⇒http://xn--v8jb1b7dua1qxa0764dw9vafu2b.xyz/